【10分で分かる】WordPressとは?市販のホームページ制作ソフトや無料ブログと何が違うの?

【10分で分かる】WordPressとは?市販のホームページ制作ソフトや無料ブログと何が違うの? WordPress基礎知識

サイト運営を始めようと思い立ったとき、どういったツールを使うべきか思い悩むこともあるでしょう。

とくに右も左も分からない状態で、初めてサイト運営をしていくとなれば、お手軽に始められて予算もあまりかからないところからスタートしたいもの。

とはいえ、作るのであればある程度きっちりしたサイトを作ってみたいですよね。

そんなサイト運営を始めたい方におススメするのがWordPressです。このツールを使いこなせば、誰でも簡単にプロ級のサイトを作ることができます。

今回は、そんなWordPressについてご紹介します。

サイト運営をしたことがない方でも10分で理解できるよう簡単に解説していくので、自分だけのサイトをいち早く作りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもWordPressとは?

そもそもWordPressとは?

WordPressとは、2003年にリリースされたブログシステム(現在はコンテンツ管理システム)の一つです。日本はもちろん世界各国でも利用され、2018年7月現在では、おおよそ世界にある30%のウェブサイトがこのシステムをもとに作られているといわれています。

自社のホームページを持ちたいという企業はもちろん、ブログを学ぶ延長線上で使う人や個人事業の発信ツールとして用いられるなど使われ方はさまざま。国内でも広く使われているツールでもあります。

※ちなみにWordPressは、大きく分けて「WordPress.com」と「WordPress.org」の2種類が存在しますが、今回ここで言及しているのは、「WordPress.org」についてです。それぞれの違いについては、以下の記事でご紹介しているので、気になった方はこちらもご参照ください↓

【初心者向け】WordPressは2種類存在する!?WordPress初心者が混同しがちな「WordPress.com」と「WordPress.org」の違いとは?
「WordPress.com」と「WordPress.org」どちらを使えばいいのか分からないということがあると思います。 というのも正直パッと見どちらも名前からロゴ、機能の名称に至るまで似通っているからです。しかしこれら2つのWordPressはまったくもって機能が大きく異なります。 ではどのような違いがあるのか?それぞれの特徴とともにご紹介します。

こんなにも違う?~WordPressとホームページ制作ソフトと、時々、無料ブログ~

こんなにも違う?~WordPressとホームページ制作ソフトと、時々、無料ブログ~

たくさんの人がこぞって利用するWordPressですが、従来のホームページ制作ソフトや無料ブログサービスと比べてどのような違いがあるのでしょうか。ざっくりとした違いは以下の通り↓

【主要ホームページ制作ソフト(SIRIUS)とWordPressと無料ブログ(はてなブログ)比較】

機能/種類 無料ブログ ホームページ制作ソフト WordPress
(※WordPress.org)
テーマの種類
サーバーのレンタル手続き 不要 必要 必要
ドメインのレンタル手続き 不要
(※有料プランの場合必要)
必要 必要
カスタマイズの自由度
費用面 基本無料 ソフト代(2万~)
サーバー契約(500円/月~)
ドメイン契約(300円/年~)
ソフト代(無料)
サーバー契約(500円/月~)
ドメイン契約(300円/年~)
専門知識 不要 ちょっと必要 ちょっと必要

無料ブログは「はてなブログ」、ホームページ制作ソフトは「SIRIUS」、WordPress
は「WordPress.org」をそれぞれ想定しています。(※実際の利用経験にもとづく)

表を見ても分かる通り、費用面以外の点でも違いが見て取れると思います。とはいえ、これだけでは正直WordPressがどのように優れているのか分かりづらいですよね。そこでそれぞれのサービスとの違いについても簡単にご紹介します。

市販のホームページ制作ソフトとは何が違う?WordPressの利用を勧める本当の理由

市販のホームページ制作ソフトとは何が違う?WordPressの利用を勧める本当の理由

WordPressと市販のホームページ制作ソフトとの大きな違いは、何といってもサイト運営のはじめやすさです。

普通サイト制作と聞くと、HTMLやCSSといったホームページ制作に見られる特有の文字列をズラズラ並べて描くイメージがあると思います。

おそらくこんなイメージ

おそらく一般的にイメージするホームページ制作はこんなやつ

事実、Webサイトの制作では少なからずそういった知識を要求されますし、市販のホームページ制作ソフトとなると、文字列をベタ打ちすることは少なくても、ホームページ制作特有の文字列と関わることは避けられません。

しかしWordPressの場合、文章を書くだけならそういった複雑な知識はほとんど必要としません。

というのもWordPressには、HTMLやCSSを含めて文章を記述するテキストエディタの他に、見たままの文章をサイト内に記述できるビジュアルエディタがあるからです。

ちなみにこれらエディタの違いは以下の通り。

【テキストエディタを使った場合】

テキストエディタを使った場合

※テーマによって一部仕様が異なる場合がございます。

【ビジュアルエディタを使った場合】

ビジュアルエディタを使った場合

※テーマによって一部仕様が異なる場合がございます。

テキストエディタが難しい文字列を使っているのに対し、ビジュアルエディタはスマートに文章だけが書かれていっていますよね。

市販のホームページ制作ソフトでは、こうも上手くはいきません。その点、WordPressは執筆者のシステムに対する理解度に合わせて自由にテキストエディタとビジュアルエディタを切り替えられるため、サイト運営をこれから始める方でも安心して使うことができます。

他にも書いた文章をマーカーで色付けたり、配置を変えてみたりなどHTMLやCSSといった専門知識がなければ、実現しなかった複雑な操作もボタン一つでできてしまい、記事作成もサクサク進められます。

ボタンアイコンも一瞬で作れる!!

ボタンアイコンも一瞬で作れる!!

またテーマによっては、記事内の文字を目立たせるボタンアイコンや人物対話に必要な会話文も作成してしまうなど。複雑な操作をいっさい必要とせずに、サイト運営を始められるのがWordPressの魅力の一つともいえます。

記事を書くだけならWordPressは不要?無料ブログという選択肢

記事を書くだけならWordPressは不要?無料ブログという選択肢

では、WordPressと無料ブログを比べたらどうでしょう。WordPressと無料ブログの違いでいえば、サイトそのものの管理をどこまで自分でできるのかといった違いがあります。

無料ブログの場合、ブログサービス内で自分の分身であるアカウントを登録するだけで、記事を書く場を自由に使えるため、サイト制作で担う管理の煩わしさはとくにありません。

それこそ文章を書いたり、ブログのデザインを自分で軽くカスタマイズすることはあっても、外敵(俗にいうウイルスとか)からの攻撃に備える必要はないわけです。

その点、ブログは自分の文章や持ちうる情報を世の中にいち早く届けたいときに役立つわけですね。

しかし、WordPressともなるとそうはいきません。それもそのはずで、WordPressの場合は、自分でサイトを公開する場を確保する場所取りからはじめて、その中で自分のサイトを作ります。

それはつまり、確保した場所を死守するために、必要な要素を自分で取り入れなければならないわけです。

WordPressとブログの違い

WordPressとブログの仕組みを例えるとこんなイメージ

ウイルス然り、ハッカーといわれる悪い人間然り、外敵となる障害は常につきまとっています。そういった見えない危険から自分の身を守らなければなりません。

とはいえ、WordPressはそういった自分のスペースを預かる管理能力が常に必要となる分、無料ブログを運営するだけでは身につかない外からの攻撃を防ぐ力が養われます。

またWordPressでは、システムが完全に独立していることもあり、ブログサービス側が、どうしても触らせたくなかった広告の表示の仕方や細かな魅せ方なども自由に変えられるので、自分が作ったホームページを販促活動の一環として効果的に扱いたいときには役立つことでしょう。

WordPressでサイト運営をするのに向いている人・向いていない人

WordPressでサイト運営をするのに向いている人・向いていない人

ここまででWordPressと市販のホームページ制作ソフト、WordPressと無料ブログの違いをそれぞれご紹介しましたが、では結局のところ、どういった方がWordPressを利用するのに向いているのでしょうか。簡単にまとめると以下の通り。

【WordPressでサイト運営をするのに向いている人】

  • プログラミング知識なしでも簡単にサイト運営を始めたい方
  • 分からないことは随時自分で調べられる方(=ネット検索が自分でできる程度の能力はある方)
  • 市販のホームページ制作ソフトでHTMLやCSSといった言語はおろか、エントリーページやカテゴリーページなどページの役割自体があまり理解できず、サイト制作に過去挫折してしまった方

【WordPressでサイト運営をするのに向いていない人】

  • 備忘録としてサイト運営をしたい方
  • Web上に情報を発信したいが、セキュリティ対策は請け負いたくない方
  • 一貫してすべて無料でサイト運営を始めたい方

それぞれ3つずつポイントを羅列しましたが、大きなポイントとなるのはやはり費用面でしょう。WordPressはそのシステムこそ無料で扱えるものの、Web上に公開するには、公開する場所としてのレンタルサーバーやサイトの住所となる独自ドメインといった存在が不可欠です。

そして、少なからず利用にはそれぞれ費用が発生します。ちなみにこれらは借りる会社によりけりですが、レンタルサーバーは月500~1000円前後、独自ドメインの利用には年200~1500円程度必要です。

いずれも安価であることはたしかですが、現実に買い物をしてモノを買うわけではなく、実体のないサービスを借りるのにお金を払うため、実体の伴わないモノに抵抗なくお金を払えなければなりません。

これは簡単なようで一つの壁ともなる部分で、これを乗り越えられるかどうかでWordPressでサイト運営を始められるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

逆にいえば、その点さえクリアできるのであれば、あとは迷いなくサイト運営を始められることでしょう。

少しでも資金に余裕があるならば、ぜひWordPressでサイト運営にチャレンジしてみてください。

おわりに

今回は、WordPressとは何かを初心者向けに簡単に解説してみました。働き方改革としてWebの仕事にスポットがあたってきた昨今。ホームページ制作といえば、WordPressというくらいには、WordPressを使ったサイト運営が一般化しつつあります。

少しハードルが高いと感じてブログサービスを使う方も少なくありませんが、どんなに安価に始めても自らのホームページに人が集まらないのであればサイトを作る意味がありません。そのため少しでも人を集めるサイト運営をしたいと考えるのであれば、ぜひWordPressでサイト運営を始めてみましょう。

コメント